相続税還付 還付の仕組み

広大地とは何か広大地の相続税

広大地の相続税を取り戻す方法

相続税の申告件数は、年間約5.1万件(少ない)で、税理士の数は、約7.1万人、税理士の数の方が多い。ほとんどの税理士が相続税の申告の経験が少ないのが現状です。しかし、相続税の申告経験が少ないのに、同業他社にお得意様の相続案件を任せるとお得意様が取られてします可能性を考え、相続税の申告を引く受けてしまいます。そして、広大地の減価要因を調査しないまま税額を計算し、土地の減価要因が無視し、相続人に過大な相続税を払わせているケースが多い。書籍『500㎡以上の広い土地を引き継ぐ人のための得する相続』より抜粋

払いすぎた相続税は5年10ヶ月以内に還付請求すれば戻ってくる

相続税の申告期限は相続開始から10ヶ月。相続税は、相続発生から10ヶ月以内に納税しなければならないため、土地の減額要因などの調査をしないまま計算している場合が多い。

土地の評価は個別性が高く、評価方法によって評価額に幅が生じやすい。そのため、5年以内であれば相続税の還付を受け付けることができる。還付を受け付けるためには、土地調査を再度行い、相続税の更正を行います。

相続税が1億戻ってきた例

2億円以上払った相続税のうち1億円が戻ってきた!

東京近郊で代々続く地主のEさんは、ビルや賃貸マンションのほか、駐車場など土地を多数所有しています。3年前に父親が亡くなったときは、顧問税理士に頼んで申告と納税をすませ、2億円以上の相続税を払いました。書籍『500㎡以上の広い土地を引き継ぐ人のための得する相続』より抜粋

広大地の相続税は資産税につよい税理士に相談

「まあ、仕方ないかとその時は思ったのですが、その後ほぼ、同じような資産規模の知人から相続にあたって資産税に強い税理士に頼んだらずいぶん税金が少なくてすんだという話を聞き、うちの場合はどうだったか気になりだしたんです。」書籍『500㎡以上の広い土地を引き継ぐ人のための得する相続』より抜粋

広大相続税の更正の請求

そこでEさんは、相続に詳しい専門家に相談。「更正の請求」という方法で支払った相続の一部が戻ってくるということを聞き、さっそく頼んでみまた。その結果、なんと1億円がキャッシュバックされたのです。

なおEさんは顧問税理士にその後も個人や資産会社の経理を頼んでいます。別の税理士に頼んで「更正の請求」を行ったことについて、Eさんの方から顧問税理士には何も言ってないそうです。実際言う必要もありません。

書籍『500㎡以上の広い土地を引き継ぐ人のための得する相続』より抜粋

広い土地を引き継ぐ人

書籍『500㎡以上の広い土地を引き継ぐ人のための得する相続』

著者 江幡 吉昭 株式会社アレース・ファミリーオフィス代表取締役 一般社団法人 相続終活専門士協会代表理事

「相続税還付ナビ」監修:アステルフォース税理士事務所

アステルフォース税理士事務所は、法人顧問、個人事業主顧問はもとより、相続税申告、相続コンサルティング、また公益法人に強みを持つ税理士が在籍しております。また相続税還付手続き業界最大手アレース・ホールティング株式会社のグループ企業でもあり、相続税申告のプロフェッショナルとしてお客様の生涯の、さらにはその先の世代を成功に導くお手伝いをさせて頂きたいと考えています。

Related post

PAGE TOP